リニューアル記念クーポン右追従バナー
送料無料 手数料無料 即日配達 相談無料 無料資料請求

丹羽先生プロフィール




丹羽 耕三(靭負)医学博士

昭和7年生まれ
昭和37年 京都大学医学部卒業
医療法人修命会土佐清水病院 院長
丹羽免疫研究所 所長
※丹羽先生の診療所は全国にあり、各地で診察を受診する事ができます。くわしくは、全国の丹羽診療所

主な著書
国際がん学会が認めた、延命効果世界一の「丹羽がん療法」(徳間書店)
根本から治す奇跡のアトピー治療(KKベストセラーズ)
がん治療「究極の選択」〜抗がん剤を超えた丹羽療法(講談社)
激増活性酸素が死を招く〜癌もアトピーも病気の90%は活性酸素が原因(日本テレビ)
クスリで病気は治らない(みき書房)
白血病の息子が教えてくれた医者の心(草思社)




発癌の大きな原因のひとつである『活性酸素』とその防御酵素である『SOD』研究を臨床家として、国内はもちろん、世界的にも最も早く手掛け、この分野の世界的権威。

SODなどの生体防御の研究論文が「Blood」をはじめとする著名な英文国際学会誌に多数発表され、その数は70編を超す。国際学会専門誌(Biochemical Phamacolog)への投稿論文の審査員でもある。

国内では、ベーチェット病、リウマチ、アトピー性皮膚炎や数多くの癌の原因を活性酸素の異常から解明しこれらの治療に、天然の種子・植物を独自に開発した特殊加工を施すことで製造した、抗がん剤とは異なる、副作用のない真に有効な天然の治療薬を用い、大きな治療成果を上げている。

特に最近は、激増化・重症化・成人化するアトピー性皮膚炎を、劣悪化する環境汚染に基因すると指摘し、また、患者の遺伝子レベルの研究により、近い将来の重症アトピー患者の癌化の可能性を警告し注目されている。


ニワナを片手に 丹羽先生と当店のご利用者様