丹羽SOD専門店ニワフレンズ|丹羽SOD様食品 Niwana ニワナルイボスTXの正規販売店です。
当店の製品はすべて、土佐清水病院の丹羽耕三(靭負)医学博士開発の正規品です。ご安心してお買い物をお楽しみください。
  • 丹羽SOD開発者丹羽耕三(靭負)先生より挨拶
  • 丹羽SOD開発者丹羽耕三(靭負)先生より挨拶
  • 丹羽先生とニワフレンズ
  • 丹羽SODフレンズ-ニワフレンズブログ
送料無料 手数料無料 即日配達 相談無料 無料資料請求

丹羽SODとは

1 『丹羽SOD』とは
2 活性酸素とSOD
活性酸素』について

3 活性酸素とSOD
『活性酸素』が増える原因

4 活性酸素とSOD
SOD』について

5 SODを用いた丹羽治療と
SOD様食品』の開発

6 丹羽SOD様食品の特徴
特殊加工方法』について

7 丹羽SOD様食品の特徴
原材料』について


丹羽SODについてよくあるご質問にお答えします

丹羽SOD
お召し上がり方 ニワナ編

丹羽SOD
お召し上がり方 ルイボス編

丹羽SOD様食品
本物と偽物について


丹羽SODに関する外部サイト 土佐清水病院へのリンク ニワカンパニーへのリンク
2019年 10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
今日
2019年 11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

キャッシュレス消費還元


丹羽SOD資料請求

丹羽SOD様食品キャンペーン情報


はじめましてキャンペーン

Webショップリニューアルオープン
公式ブログ丹羽SODフレンズ
* お客様からのご質問を紹介




会員様専用 カテゴリー案内

  • ニワナレギュラー 90包入
  • ニワナレギュラー 120包入
  • ニワナマイルド 90包入
  • ニワナマイルド 120包入
  • ルイボスTXパウダー 90包入
  • ルイボスTXタブレット 90包入
  • NewSOD 90包入
  • サンドバス


丹羽SODについて



丹羽SOD様食品シリーズ

『丹羽SOD』とは


高知県土佐清水病院院長である丹羽耕三(靭負)医学博士(以降丹羽先生と表記)が、開発した「丹羽SOD様食品」のこと。
丹羽先生は、癌やリウマチ・膠原病等の難病、アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患、その他様々な病気や症状の原因を、活性酸素の異常から解明しようとする、「活性酸素とSOD」研究の世界的権威
その研究は「活性酸素」に誰も注目していなかった1970年代から始まり、1979年には初めての論文を発表。1983年頃からは天然の種子植物を原料とした抗酸化治療(身体で増えすぎた活性酸素を除去)を開始、自身の診察を受診される患者様の治療補助を目的に、「SOD様食品」の研究・開発を進められました。
長年の研究の末、国際製法特許を取得した製造方法(後述)の開発に成功、現在の「 丹羽SOD様食品 Niwana ニワナ 」が完成。現在でも丹羽診療を受診される患者様の治療補助はもちろん、健康保持・美容目的の健康食品として役立てられています。



活性酸素とSOD 『活性酸素』について


丹羽先生は病気や症状の原因に、活性酸素が関与しているとおっしゃいます。では、活性酸素とはどういうものなのでしょうか。
活性酸素」とは文字通り活発な酸素のことです。菌や有害物質等の異物が身体に侵入してきた時作られ、侵入してきた異物等を溶かし消去してくれる、健康に必要不可欠なものです。
しかし近年、過剰な活性酸素は、私たちの身体に悪影響を及ぼす研究結果が出ました。増えすぎた活性酸素は異物等の攻撃目標がなくなると、今度は自分の身体を攻撃しはじめ、病気や症状の健康被害はもちろん、シミ・しわなどの美容にも悪影響を与えていることがわかってきました。
誰よりも早く「活性酸素とSOD」を研究してきた丹羽先生は、「病気や症状と呼ばれる90%以上の身体の異常に、活性酸素が関与している。」と表現されています。そして、活性酸素が身体に悪影響を与えるようになったのは1970年代以降の近年であると説明し(後述)、「現代社会は、体内に活性酸素が異常発生する環境が整いすぎている。」と警鐘を鳴らされています。

増えすぎた活性酸素が一因となる主な病気や症状
癌・脳卒中(脳出血・脳梗塞・脳血栓)・心筋梗塞・膠原病・関節リウマチ・白血病・白内障・糖尿病・肝炎・腎炎・肺硬化症・胃潰瘍・腸管潰瘍・男性不妊症・ベーチェット病
アトピー性皮膚炎・しみ・そばかす・しわ など

活性酸素とは


活性酸素が増える原因

活性酸素とSOD 活性酸素が増える原因


活性酸素が発生する原因にはどんなものがあるのでしょうか?
活性酸素は身体に異物が侵入した時や過度な負担をかけた時、その異物や負担から体を守るために発生します。

体内に活性酸素が増える主な原因
原因 体に異物が入ってきた時
ウイルスや菌、工場や車の煙(PM2.5等)・食品添加物や薬害、農薬、殺虫剤などの化学物質・喫煙・飲酒・携帯電話やテレビ、電子レンジ等の電磁波・紫外線・放射線など
原因 体に負担をかけた時
寝不足・過労・ストレス・呼吸(取り込んだ酸素の2%ほどが活性酸素となります)・激しい運動など
高度成長期以降の現代は、生活や交通など様々なものが便利になった半面、排気ガスやPM2.5などの環境汚染、食品添加物や農薬などの化学物質、煙草や酒など嗜好品、ハラスメントなど複雑化した人間関係によるストレスなど、活性酸素が発生しやすい条件が溢れているといえます。



活性酸素とSOD 『SOD』について


では、「活性酸素とSOD」の「SOD」とは何なのでしょうか?
SOD」とは、「スーパーオキサイドディスムターゼ」の略語で、体内で作られる酵素のことです。身体に増えすぎてしまった活性酸素を除去する働きをもっています
つまり、私たちの健康や美容は、外敵から体を守る「活性酸素」と、過剰な活性酸素を除去する「SOD」のバランスによって保たれているといえます。
しかし、高度成長期以降の日本は活性酸素が発生しやすい条件が通り整いすぎており、丹羽先生は「現代は活性酸素とSODのバランスが崩れている。特に1970年代以降、難病患者・大人のアトピー重症患者が激増している」と指摘されています。
SODを生み出す力(産生能力)には個人差があり、また、40才を超えるとSODの活動力は低下すると言われています。大病にかかりやすい人もいれば、50才を過ぎてもハリのある美しい肌を保つ方もいらっしゃいます。 活性酸素を過剰に増やさないような生活を心がけ、かつ体内で「SOD」が機能的に働く事こそ、健康と美容の第一歩といえるのではないでしょうか。

SODとは


丹羽SODの開発

SODを用いた丹羽治療と、『SOD様食品』の開発


1970年代。「活性酸素とSOD」の研究を開始された 丹羽先生は、難病や重症化するアトピー性皮膚炎の原因を「過剰な活性酸素」から解明し、自身の診察を受診される患者様に、注射やSOD製剤(飲薬)による治療を開始されます。しかし、注射は健康保持目的で日常的に使えるものではなく、飲薬もSODは胃で破壊されやすい物質のため、実用的なものではありませんでした。 また、SODなどの酵素は分子量が大きいため、胃で破壊されずに通過しても、体内で吸収できずに排便されるだけという、問題点にも行きあたります。
そこで丹羽先生は、SOD自体を取り入れるのではなく、体内で吸収されるような小さな分子量のものでSODと同じか、またはそれ以上に活性酸素を除去する物質の研究を始められ、のちの「SOD様食品」を作り上げられたのです。



丹羽SOD様食品の特徴 『特殊加工方法』について


丹羽SOD様食品の大きな特徴は、特殊な加工方法です。 分子量を小さくする研究をすすめられた丹羽先生は、3つの特殊加工方法を開発し、SOD様食品の製造に役立てられています。

丹羽SOD様食品に施されている特殊加工
特殊加工 遠赤外線焙煎加熱
遠赤外線でじっくりと煎り、原材料を焦がすことなく芯まで加熱。成分(SOD様物質)の重合を解き低分子化。
特殊加工 麹による発酵
加熱した原材料を麹を用い発酵。さらに低分子化を促進。SOD様物質を活性化させる。
特殊加工 ごま油で油剤化
人間の細胞膜は油性であり水性のものは受取りにくいため、発酵加工した原材料をごま油でコーティングする。
※3段階の特殊加工方法は世界10ヵ国で国際製法特許を取得。

SOD様食品の製造方法


SOD様食品の原材料

丹羽SOD様食品の特徴 『原材料』について


丹羽SOD様食品にはもう一つの大きな特徴があります。
丹羽先生は、SOD様食品研究開発の過程で、様々な試行錯誤を重ねられました。そして数多くの実験を繰り返していく中、人間の身体は、化学合成品と天然のものを比べると、天然のものを好んで受け取りやすく、さらに天然のものでも、単独の大量使用より、複数のものを混ぜて使用した方が、より受け取りやすいという事がわかったのです。
このような丹羽先生のお考えから、丹羽SOD様食品は小麦や胚芽・はと麦、ごまなど、10種類の天然の種子・植物を複合して使用して作られています

丹羽SOD様食品 ニワナの原材料
小麦・胚芽・はと麦・ごま・抹茶・麹・大豆・ゆず果汁・杜仲茶・ごま油

丹羽SOD様食品はすべて天然の種子・植物を使用しているため、お子様からご年配の方まで安心してお召し上がり頂けます。



丹羽先生について